住替え・買換え

引越しをしたい!!
けど今の家はどうしよう

ライフスタイルに合わせた理想的な住み替えを

住替え・買替えをお考えの皆様にとって、
現在のお住まいの売却は大きなお悩みだと思います。

  • 今住んでいる自宅はいくらで売却できるのか?
  • どのタイミングでの売却が一番良いのか?
  • 今ある住宅ローンはどのように返済、借替えなどの手続きをすればいいのか?
現在の住まいを高く売り、住替え、買替えをスムーズに行うためには、プロの意見を取り入れながら、しっかり事前計画を立てることが重要です。
当センターでは買取保証サービスをはじめ、大切なご自宅を出来るだけ高く売切り、そして売れ残る心配を解消するための多くのサービスを提案いたします。

こんな悩みをお持ちの方は当センターにご相談下さい。

  • 欲しい土地、マンションがあるが今の自宅をどうすれば良いかわからない。
  • 今住んでいる住まいが手狭になったため、引越したい。
  • 家族構成が変わった。もしくは変わる予定がある(二世帯など)
  • 子供が独立して今の住まいが広すぎる。
  • 雪かきが大変!やりたくない!

住替え・買替えの流れ

住替え・買替えには2通りの方法が有り、お客様のご事情や、資金内容によりどちらかを選択することになります。

新しい土地・建物・マンション等の購入が先行する場合

    該当するケース

  • すぐにでも欲しい物件がある。
  • 既に購入物件が決まっている。
  • 今の自宅を売らなければならない時期が決まっている。
  • 少しでも早く新しい家に住みたい。
  • 住替えの際に仮住まいでアパート・借家に引越したくない。
物件購入の流れ
Point
希望物件のための資金計画
資金計画の際は、自宅の売却金額が重要な情報のため同時期に行うことを推薦します。
住宅ローンの打診(原則は仲介業者に代行してもらう)
住宅ローンの代行が可能な仲介業者を選び最適な住宅ローンを選択しましょう。
購入物件の紹介・案内
購入先付の場合とは違い時間に割と余裕があるためより良い物件を探すことが可能です。
購入物件の絞り込み
ご自宅の売却契約時の頃までに物件購入の絞り込みができていることが望ましいです。
購入物件の契約条件の調整
売却契約
可能な限り、ご自宅の売却に合わせて、購入物件の引き渡し日の日程等を調整し、売買契約を結びます。
残代金の支払、購入物件の引渡し
原則同日となります。但し、ご自宅の売却時期が明らかに早い場合は、借り住まいが必要となります。

ご自宅などの売却が先行の場合

    該当するケース

  • 近い将来住替え計画があり、先に不動産売却による資金計画を確定したい。
  • 既に住替え用地を取得済みでゆっくりと新しい住まいをお考えの方。
  • アパート・借家に仮住いすることになってもいいので、慌てない住替えを行いたい。
自宅売却の流れ
Point
ご自宅の査定
資金計画の際には、自宅の売却金額が重要な情報のため同時期に行うことを推奨します。
媒介契約の締結、売却活動の開始
契約条件の調整
契約条件の調整
売却契約
売却契約
残代金の受け取り、ご自宅の引渡し
可能な限り、ご自宅の売却に合わせて、購入物件の引き渡し日の日程等を調整し、売買契約を結びます。