売却の流れ

売却の流れ

こちらでは、住まいを売却する際の流れと手続きのポイントについてご紹介します。

STEP1:契約を結ぶ不動産会社を探す
住まいなどの不動産を売却する際、ほとんどの方は不動産会社に依頼をします。もちろん、ご自身で買手を探すこともできますが、その場合親戚や知人に絞られてしまい、希望価格での売却は困難になってしまいます。不動産会社なら幅広いネットワークで買手を探せるため、希望に近い価格での売却も夢ではありません。また、不動産売却に関する知識も豊富で、売主様一人ひとりの状況や要望に沿った提案ができます。

不動産売却を成功させるには、いかに信頼できる不動産会社を選べるかが重要となります。買い換える住宅を販売している不動産会社であれば、売却することが購入の条件になるため売却活動に注力してくれますし、自宅のポストに「売主募集」のチラシを投函してくる不動産会社ならそのような物件を求めている顧客がいる可能性が高いです。

住まいの売却は人生の中でも大きな契約となるため、不動産会社選びは慎重に行うようにしましょう。
STEP2:契約を結ぶ
どこの不動産会社に依頼をするのか決めたら、媒介契約を結びます。この媒介契約にはいくつか種類があり、どの契約を結ぶのかを決める必要があります。

専属専任媒介契約(契約有効期間:3ヶ月)
1社の不動産会社と契約を結ぶという内容です。売主様が買手を見つけることはできません。そのため、不動産会社の責任は重く、売却活動に力を入れるのはもちろん、売主様に対して一週間に一度以上の報告が義務付けられています。

専任媒介契約(契約有効期間:3ヶ月)

こちらも契約を結ぶのは1社の不動産会社のみですが、売主様が買手を見つけることができます。不動産会社は、売主様に対して二週間に一度以上報告をすることが義務付けられています。

一般媒介契約

複数の不動産会社と契約を結ぶという内容です。売主様が買手を見つけることもできます。売却を依頼された不動産は媒介報酬トラブルを避けるため、他の不動産会社名を明示する「明示型」か、明示しない「非明示型」のいずれかの媒介契約書交付が義務付けられています。
STEP3:条件を決めて売却活動スタート
売り出し価格や広告の出し方、引き渡し条件などが決定したら、いよいよ売却活動スタートです。広告活動のために必要な情報(間取り図や外観写真など)の提出にご協力ください。売却活動をスタートすると、内見希望者が現れます。好印象を持ってもらうためにも、清掃をしっかり行い、清潔感ある状態を維持しておくことが大切です。内見の対応は不動産会社が行いますので、ご安心ください。
STEP4:売買契約の締結
内見を終え、購入希望の意思があれば、価格や物件引き渡しの時期など双方で話し合い条件を決めていきます。買手側から価格交渉をされることはよくありますが、納得できなければ応じる必要はありません。ただし、頑なに断り続けると、売れ残ってしまう可能性も高くなってしまいます。適正な価格を見極めて、交渉に応じるかを判断してください。

売買契約を結ぶ際には他にも、手付金・ローンを借りられるのか・危険負担(引き渡しまでの間に火災などで損害が発生した場合など)といったポイントも注意が必要です。それぞれの条件が決まったら売買契約書にサインをし、物件の引き渡しまで大切に保管しましょう。
STEP5:残金決済・物件の引き渡し
売買契約で決めた引き渡し日までに、必要な手続きや書類等の準備を済ませておきましょう。引き渡し当日、契約時に定めた条件を改めて確認し、物件の引き渡しを行います。しっかりと確認が取れたら残金の受領と同時に物件の鍵を引き渡し、売却手続き完了となります。