佐久・御代田不動産売却センター

地域に特化した不動産売却サービスを佐久市で展開

地域に根差した佐久市・御代田町の総合不動産会社として、地元のお客様の不動産売却のご相談にオールマイティーに対応しています。築年数は戸建て・アパートの不動産査定額に大きく影響しています。確かに築浅物件の方が高値は付きやすいですが、その他の条件にもしっかり配慮しながら、お客様にご満足いただけるよう築年数に合わせたサポートを行っています。

今後も「街の不動産の相談役」として地元の皆様に頼りにしていただけるよう、日々研鑽に励んでまいります。

佐久・御代田不動産売却センターの特徴

不動産売却における価額査定の要点を佐久市の皆様にアドバイス

販売活動を行う不動産には、必ず築年数が表示されています。年数が経っている物件よりも、少しでも新しく、できれば新築の物件に住みたいと思うのが国内では一般的です。同じ広さの土地で「築3年」と「新築」では、新築の方に住みたいと思われる方も多いため、不動産査定をする際には、築年数は重要な要素となります。日本における建物の耐用年数は、「木造戸建て住宅は22年」「鉄筋コンクリートのマンションは47年」と定められています。

そのため戸建ての場合は築20年を過ぎたあたりから「古家」とされ、価額は0円として扱われます。もちろん、丁寧に住んでいた家、素材にこだわった家、メンテナンスをしっかり行った家は、住宅としてまだまだ十分に「住まい」として機能し、物件としての魅力もあります。しかし、そうした要素は不動産査定には反映されにくいのが現状です。そうした売却査定における要点をその都度丁寧にアドバイスしてまいります。

築年数に合わせた適切な不動産売却サービスを佐久市・御代田町で展開

国土交通省のまとめによると戸建て住宅の売却価額は、築10年で約半額、築15年を過ぎると下落率は緩やかになり、築20年を超えるとほぼ横ばいになります。そうした状況を鑑みると、少しでも高く売るには築10年以内がおすすめです。購入希望者にとっても、中古住宅の住宅ローン減税は築20年以内と決められているため、築10年以内の物件は十分魅力があります。築20年を超えた物件の場合、家の価値はほぼ0円ですが、2000年6月1日以降に建築確認が行われた物件に関しては、耐震性能に関する信頼も高いと判断されます。

そうしたことからも分かるとおり、査定額は築年数が浅いほど有利なため、できるだけ早く行動を起こすことが、大切な資産を守ることにもつながります。担当スタッフは豊富な実務経験を積んでおりますので、気軽にご相談いただければ、お客様に満足いただけるよう築年数に合わせた適切なサポートサービスをご提供いたします。