佐久市の不動産売却・佐久・御代田不動産売却センター

のお客様の声

佐久市近隣の不動産売却案件を丁寧にナビゲート

不動産の売却時はいくらで売れるか査定を行うことになりますが、査定価額が良かったからといって、必ずしもその価額で売却できるとは限りません。「街の不動産の相談役」として、不動産価額の各査定方法や査定価額・売却価格の違いなどについて、お客様の立場に立って丁寧にご説明いたします。

佐久市近隣の方で不動産売却をお考えの方は、気軽にご相談いただければ、その後の段取りも含めて丁寧にナビゲートいたします。尚、各種お問い合わせは、お電話・メールフォームにて承っております。

佐久市の不動産売却のプロとして土地の売却の留意点を伝授

土地の売却をお考えの場合、戸建て・アパートなどの売却とは異なる注意点があるため、そうしたポイントをしっかり留意する必要があります。地元密着の不動産会社として、そうした留意点や売却する上でのメリットとデメリットについて、地元の皆様にしっかりお伝えしてまいります。一般的に土地売却を考える際、古家付きの物件であることが大半です。日本は海外とは異なり、新築住宅に人気が集中しがちです。そのため、築年数が20年を超えると建物自体の価値はほぼ0となり、古家付きの土地を売る際の価格は、ほぼ土地代のみとなってしまいます。

古家を解体して更地にして売却する場合はメリットとして、「買主が見つかりやすい」「買主が見つかるまで、駐車場などに活用できる」という点が挙げられます。ただし、デメリットとして「解体費用がかかる」「古家がないと固定資産税が高くなる」という点があります。

佐久市の相続・離婚関連の不動産売却にも柔軟に対応

古家付きで土地を売却する場合はメリットは、「解体費用を負担しなくてよい」「売却に時間がかかっても固定資産税の値上がりがない」という点が挙げられます。ただし、デメリットとして「買主に解体費用分の値引きを要求される」「売却しにくい」「古家の管理コストが必要となる」などの点が考えられます。古家の価値がない場合、土地の購入者は古家を解体し、新しい家を建てることが予想されます。解体費用は、木造一戸建ての場合で100万円前後が相場となります。

土地の売却において、古家付きか更地にした方がよいかは、家の状態や土地の場所にもよっても判断が変わってきますので、地元近隣で土地の売却・見積もりをお考えの方は、気軽に担当スタッフまでご相談いただければ、無料で不動産査定にお伺いします。その他、相続・離婚関連の物件整理や空き家対策などの、複雑な事情を抱える売却案件のご相談にもフレキシブルに対応しています。

地域ネットワークを使った不動産売却サービスを佐久市で展開

不動産査定にはいろいろな方法がありますが、代表的な方法は3つあります。「取引事例比較法」は、査定物件と条件が似ている物件の取引事例より、比較検討することで査定します。「原価法」は、査定物件を現時点で新築にした場合の価格から、築年数に応じた減価修正を行うことで算出します。「収益還元法」は、査定物件が将来生み出すと予想される収益を計算して査定する方法で、直接還元法とDCF法があります。

直接還元法は一定期間の純利益を還元利回りで割ることで求められます。DCF法はディスカウントキャッシュフローの略であり、期待される収益と一定期間後の物件価格を想定した合計で計算されます。査定金額は、比較する物件や不動産会社の事情によって異なります。担当スタッフは佐久市にて長年、不動産売却のご相談を承ってまいりましたので、地域ネットワークを駆使した安心のサポート体制でご対応いたします。